Adaptecドライバパッチ


概要

BeOS R4.5.1/4.5.2/R5のAdaptec SCSIドライバ(aic78xx)にパッチをあてて、 以下のSCSIアダプタのうちいずれか一つを使用可能にします。

AHA-2930Uの日本語リテール版は、AHA-2930CUになります。

注意: このパッチは、意図的に、元のドライバを直接書き換えるように作ってあります。 また、作者は上記のSCSIアダプタを所有しておらず、 実機で動作を確認したわけではありませんので、 完全な動作の保証はできません。 安定動作を確認するまでは注意して使ってください。


BeOSがインストール済の場合

BeOSがすでに(IDE HDDなどに)インストールされているシステムで、 前記のSCSIアダプタを使用可能にしたい場合は、以下のようにします。

  1. R4.5をインストールしてある場合は、R4.5.2にアップデートします。
  2. パッチをあてます。

    シェル(Terminal)で、本パッケージを展開してできたディレクトリに移動し、 シェルスクリプトを実行してパッチを当てます。

    $ cd patchaic-X.XX
    $ sh patchaic.sh aha2930u2
    

    aha2930u2の部分は適宜変更してください。

    これにより、Adaptecドライバ(/system/add-ons/kernel/busses/scsi/aic78xx)にパッチを当て、指定のSCSIアダプタで使用可能にします。 元のドライバは、aic78xx.gzとして保存されます。 もし指定を誤った場合は、以下のようにして元のドライバを復元し、やり直してください。

    $ cd /system/add-ons/kernel/busses/scsi
    $ gunzip aic78xx.gz
    
  3. 再起動します。

    SCSIProbeやDriveSetupで、SCSIアダプタおよびデバイスが認識されていることを確認します。


BeOSを新規にインストールする場合

前記のSCSIアダプタに接続されたSCSI CD-ROMやSCSI HDDを使用して BeOSをインストールするには、以下のようにします。 お手持ちのインストールCDがR4.5またはR4.5.2/R5のどちらであるか確認しておいてください。

  1. 新しいインストールフロッピーを作成します。

    当該SCSIアダプタを認識できるインストールフロッピーを作成します。 BeOS、Linux、*BSD、Windows 95/98/NT/2000のいずれかの環境が必要です。 ブランクフロッピーを用意します。 また、R4.5をインストールする場合は、あらかじめR4.5.2のインストールフロッピーイメージを入手しておきます。

  2. BeOSをインストールします。

    作成したインストールフロッピーを使ってBeOSをインストールします。 終わったら再度インストールフロッピーを使って起動し、 SCSIProbeやDriveSetupで、対象のSCSIアダプタおよびデバイスが認識されていることを確認してください。 この時点ではまだSCSIハードディスクから直接起動することはできません。

  3. R4.5.2にアップデートします。

    R4.5をインストールした場合は、R4.5.2のアップデートモジュールを用意し、アップデートします。 アップデートが終わったら再度インストールフロッピーを使って起動します。 R4.5.2以降のCDでインストールした場合は不要です。

  4. ドライバにパッチをあてます。

    上記「BeOSがインストール済の場合」で紹介した手順に沿って、 HDD上のドライバにパッチをあて、再起動します。

以上で、SCSI HDDにBeOSをインストールして起動できるようになります。 作成したインストールフロッピーは保存しておいてください。 なお、今後BeOSのアップデートモジュールがリリースされた場合、 お使いのSCSIアダプタをサポートしていることが明らかでない限り、適用しないでください。


使用・配布条件

本パッケージはフリーウェアです。 運用した結果について作者は一切責任を負いません。 作者は不具合を修正する義務を負いません。 最新版は作者のwebページで公開しています。

Copyright (C) 1999 ITO Takayuki. All rights reserved.

GNU tarとGNU zipはGNU一般公有使用許諾書に従って許諾される フリーソフトウェアです。 ソースコードを含む完全なアーカイブは、最寄りのGNUアーカイブサイト、 またはマスターサイトで入手できます。 GNU一般公有使用許諾書については、同梱のファイルCOPYINGを参照してください。

RaWrite2はフリーソフトウェアです。 完全なアーカイブは、最寄りのLinuxアーカイブサイト、 例えばKDDで入手できます。

ddは拙作のフリーソフトウェアです。詳細に関してはお問い合わせください。