BeOS R4.5のPCカードサポートについて

最終更新: 1999.11.6


はじめに

BeOS R4.5でPCカード(シリアルカード、NE2000互換Ethernetカード)を使う方法について説明します。 なお、シリアルカードとは、モデムカード・ISDN TAカード・デジタル携帯電話カード・PIAFSカードなど、シリアルポートと互換のあるカードの総称です。

なお、以下の手順の大部分を自動化するPCカードウィザードを開発しましたので、お試しください。

前準備

  1. R4でPCカードイネーブラーを使っていて、R4.5を上書きインストールした場合は、 PCカードイネーブラーをアンインストールします。
  2. PCカードスロットが認識されていることを確認します。

    カードをささずに

    $ cardctl status
    

    として、

    Socket 0:
      no card
    Socket 1:
      no card
    

    と出力されれば、PCカードスロットが使用可能です。

  3. 使いたいカードを登録します。

    PCカードデータベースを所定の場所に保存します。 あるいは、ここに登録されてないEthernetカードの場合は、 Adding PCMCIA NE2000 compatible cardsGetting PCMCIA workingを参考にして、 /boot/home/config/settings/pcmciaに記述します。 シリアルカードは、個別に登録する必要はありません。

    なお、このデータベースはカードの認識に使用されるだけであり、 DialUpNetworkのモデムの選択肢やNetworkのネットワークカードの選択肢が増えるわけではありません。

    ついでに

    $ mkdir /var/run
    

    としておくとよいでしょう(後述)。

シリアルカードの使い方

  1. 再起動後、カードを挿して動作を確認します。

    うまくいけば、

    PCMCIA Serial Online (bus/pcmcia/serial/serial0)
    

    というメッセージが出て、カードが使えるようになります。 デバイス名は、標準のシリアルデバイスの次になります。 例えば、内蔵シリアルポートがserial1で、内蔵赤外線デバイスがserial2の場合、 シリアルカードはserial3になります。

    SerialConnectでConnect Directlyを実行し、 カードがATコマンドに応答するか確認するとよいでしょう。

  2. ダイヤルアップネットワークの設定をします。

    DialUpNetworking preferencesで必要な設定をします。 モデムの種類(Your modem is:)は、Generic AT Commands→AT(またはPre-configured modem)を選んでおけばほとんどの場合OKでしょう。 特に設定が必要な場合はCustomを選んでモデムの機種を登録します。 Connect via:はシリアルカードのデバイス名(この例ではserial3)を選びます。 カードが挿さっていない状態では内蔵デバイスしか選べないので注意してください。

    設定が終わったら接続してみましょう。

    カードを抜くと

    PCMCIA Serial Offline (bus/pcmcia/serial/serial0)
    

    というメッセージが出ます。

Ethernetカードの使い方

  1. ネットワークの設定をします。

    Network preferencesでNovell NE2000 compatible adapter (PCMCIA)を登録し、必要な設定をします。

    また、/boot/home/config/boot/UserSetupEnvironment

    export PCMCIANETWORK=true
    

    を有効にします。

  2. 再起動後、カードを挿して動作を確認します。

    うまくいけば、

    PCMCIA NetCard Online (net/etherpcmcia0)
    

    というメッセージが出て、カードが使えるようになります。 DHCPの場合はIPアドレスが割り振られるまでしばらく待ちましょう。

    カードを抜くと

    PCMCIA NetCard Offline (net/etherpcmcia0)
    

    というメッセージが出ます。

その他

カードサービスがカードを認識しているかどうかは

$ cat /var/run/stab

で知ることができます。 カードが認識され、かつ使用可能になっていれば、以下のように出力されます。

Socket 0: ELECOM Laneed LD-CDY, IC-Card Ethernet
0	net	ne2000_cs	0	net/etherpcmcia0
Socket 1: empty

また、カードが使用可能になっている場合、 カードに割り当てられたI/OアドレスやIRQなどの情報は

$ cardctl config

で知ることができます。

カードの抜き挿しの際のメッセージが邪魔な場合は、 /etc/pcmcia/serial/etc/pcmcia/netのalertコマンド行をコメントアウトすることで、 ダイアログが出ないようにできます(Stop those annoying PCMCIA messages)。

トラブルシューティング