APMドライバ

English version


概要

BeOS R4.5/R5 x86でAPMを使用可能にします。 ノートPCやATXマシンで、電源管理機能(電源オフ・電源状況取得など)が使えるようになります。

電源オフを使いたいだけの場合は、本ドライバを使う前に BeOS Tip Serverを参考にして設定するか、 PrimalToysでKernel SettingsのPower-off on system shutdown(と、必要ならEnable BIOS power management)をオンにしてみてください。 最近の多くのマシンではこれだけで電源が切れるようになります。


要件

BIOSはなるべく最新版を使ってください。

作者は以下の環境でテストしました。


導入

インストールにはinstall.shを実行します。 ドライバなどの実行ファイルをコピーし、カーネル設定ファイルを必要に応じて書き換えます。 インストールしたら再起動してください。

なおアンインストールはuninstall.shを実行します。


利用法

本ドライバによって、APMが使用可能になり、以下のことが可能になります。

付属のユーティリティapmctlは、ドライバ経由でAPMを制御します。

apmctl status
電源の状況を表示します。
apmctl poweroff
数秒で電源を切ります。確認を求めます。 OSの正規のシャットダウン処理は行われません。通常は使わないでください。
apmctl bios AX BX CX DX SI DI
APM BIOSを呼び出します。 6個までの16進数の引数をとり、それぞれAX・BX・CX・DX・SI・DIレジスタに格納してAPM BIOSを呼びます(AHは53Hになります)。 戻るとエラーコードおよび各レジスタの値を16進数で表示します。 ただしAXの値はゴミなので表示しません。 誤った引数を与えると(場合によっては正しい引数であっても)フリーズなどの誤動作を招くことがあるので十分注意してください。

他に、バッテリー監視としてBatteryViewMetalBatteryCheckerが使用可能です。


注意

APM BIOSの実装には問題のあるものや規格に適合しないものが多いようです。 作者が確認した問題については回避策を講じましたが、 機種によっては正常に動作しないおそれがあります。

スタンバイ・サスペンド・ハイバネーションは、実用的に動作しないため、サポートを打ち切りました。 また、これに伴いapmdの実行も不要となりました。 いずれも、削除されたわけではないので、従来と同様に利用できますが、 お勧めはできません。


使用条件

作者は本ソフトウェアに関していかなる権利も主張しません。 作者は本ソフトウェアの使用・配布についていかなる制約も設けません。 本ソフトウェアを運用した結果について作者は責任を負いません。

最新版は作者のwebページで公開しています。


改版履歴

α1 (1999.3.10)
α2 (1999.3.14)
α3 (1999.8.3)
α3.1 (2000.6.5)
1.00 (2000.11.25)

参考文献